司法書士木村事務所

司法書士木村事務所|広島市中区で相続・遺言書・信託のご相談なら


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

広島の法律家となるのが弁護士と肩を並べる司法書士です。訴訟を業務としているのですが、簡易裁判所の事件のみです。依頼を受けてからは、書類を書くだけで実際に訴訟は広島の弁護士が引き継ぎます。もちろん、法律のプロですから、法律に照らしてどうなるかを判断してくれます。相談者にとっては、相談料を少しでも安く抑えたいものですから、主張を聞いてくれますし、相談内容によって信頼できる弁護士を紹介してくれることもあります。解決できない場合、トラブルの種類、どうしたいのか、解決できる制度は異なるわけで、例えば、賃金の返還請求を例にとれば、その方法として、支払督促の申し立て、民事調停なり訴訟があるでしょう。なにがなんでも貸したからには、返済してもらいたいのなら、調停の選択肢はなくなるでしょう。支払督促で異議あり、という相手であれば、最初から訴訟をすべき意見を口にするのも司法書士です。ちなみに、訴訟を引き受けることができない声もありますが、簡易裁判所での場合にはその限りではありません。訴訟の価額が140万円以下ならば簡易裁判所に申し立てるものであり、それ以上ならば、弁護士が介入して地方裁判所に申し立てることになります。一般的な解決方法として、その他にも、訴える前の和解であったり、破産手続き開始の申し立てなどがあります。ちなみに、広島での依頼となるには、話し合いで委任契約を交わします。もしも、訴えられたら、その訴状は司法書士が作成しているかもしれません。誰が、どういう理由で、どういった請求をしているかを記載するのですが、訴えられた金額や請求によっては、早急に法律事務所に相談や対処法を検討してもらいましょう。答弁書も同封されているはず、訴訟で重要な働きをします。訴えられた人が、どのような言い分、主張があるかを裁判所に明らかにする書面になります。とりあえず適当でいいか、という消費者も少なからずいるようですが、これによって敗訴が決まってしまうかもしれないことを知っておきましょう。そのため、書類のスペシャリストである司法書士などに裁判所に出す前に見せ、相談しながら書く内容は検討しましょう。