神原鍼灸院

訪問鍼灸は豊中市「神原鍼灸院」 | 健康保険対応の訪問専門治療院


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

訪問鍼灸は豊中「神原鍼灸院」にお任せください。マッサージ、針灸治療、リハビリを得意としている、健康保険対応の訪問専用治療院です。豊中市・吹田市・箕面市を中心に訪問を行っております。身体に不調を感じられましたら、お気軽にご相談ください。

体の痛みを感じる部分に刺激する治療を鍼灸といいます。「はり師」「きゅう師」の国家資格を保有している方が専用の鍼や灸を用いて治療します。治療で使われる鍼は髪の毛程度の極細です。刺されても痛みはほとんどありません。ごく稀に痛点でチクっとする程度です。中国の鍼では太い鍼が使われています。太いほうが効果がある分、痛みも大きくなります。日本では痛みに敏感な人が多いためかあまり普及せず、細い鍼となっています。鍼は杉山和一という方が細い鍼と管を組み合わせた方法を考案しています。東洋医学である鍼灸といえば、頭痛や肩こりに効くイメージを持っている方が多いです。しかし、現在では頭痛・肩こり問わず現代のあらゆる疾患に対して鍼灸治療が取り入れられています。日本や中国だけでなく、アメリカ・ヨーロッパなどあらゆる国で医療現場に使われているでしょう。東洋や西洋の医学を超えて、グローバルに普及しつつあります。最近では訪問鍼灸も行われ始め、豊中を始め訪問治療をするクリニックも多く存在します。実は鍼灸治療は長い歴史を持っています。紀元前の中国では鍼灸治療が行われていたという文献があり、年数は約2000年以上となります。奈良時代に日本に伝えられ、江戸時代には庶民も鍼灸治療を行っていました。明治にはいると政府の方針により、西洋医学が普及していきます。戦後には鍼師・灸師に関連する法律の原型が制定されます。科学的な裏づけが求められることにより、研究も学会レベルで進められるようになりました。中々クリニックに行く機会が減ってしまった方は豊中で訪問鍼灸を受けると良いでしょう。豊中の訪問鍼灸なら好きな時間にいつでも鍼灸を受けられます。鍼灸は筋肉の傷により生じた炎症を引かすことができます。痛みとなる原因の深部は指の指圧では表面の筋肉が邪魔をし傷つけてしまう可能性もあります。訪問鍼灸なら筋肉の抵抗無しに治療できます。臓器にもツボがあるので鍼灸の刺激することにより間接的に働きが良くなります。肝臓や腎臓などが悪ければ、訪問鍼灸の際に相談してみましょう。遠隔的につぼを刺激することで臓器にも良い影響をもたらします。