特注看板.com

カラーコーンや工事看板など保安用品の販売は【特注看板.com】


看板の関連情報

看板(かんばん)とは、宣伝、広告等のために使われる、木、プラスチック、金属(ステンレスなど)等、ある程度耐久性のあるものを材質とした、通常は板状の物体。近年では低コスト・高耐久性のあるアルミ複合板が広く使用されている。 主に屋外に使用されるものを指すことが多いが、広義では室名札やディスプレイ用のパネルなど屋内で使用されるものも看板と見なす。英語では sign(サイン)と言い表され、「標識」「目印」といった意味合いを持つことから、宣伝、広告の意味以外にも、見るものに対し、何らかの情報を伝えるための表示物と捉える場合もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

特注看板.comは建築・道路の工事看板やカラーコーンなどの保安用品販売サイト。カラーコーンは1本驚きの激安価格!メーカーから直仕入れだからできる価格設定!オリジナル看板、横断幕、懸垂幕の制作も対応可能。工事現場の困った!は当店にご相談ください。

工事看板はしっかりと固定して倒れないようにしましょう。ガードレールやフェンスなどに取り付けたり、重石を乗せたりして固定する方法が一般的です。倒れたときに歩行者やクルマに当たると面倒ですから、安全で目立つ場所を選んで設置してください。工事看板は頑丈に作られたものが多く、倒れて人に当たると大けがをする可能性があるので、歩道に設置するときも注意が必要です。状況によってはロープで固定するなど、何重もの対策が必要でしょう。工事看板を設置する枚数は多ければよいものではありません。枚数を多くすればするほど、歩行者やドライバーの注意力が散漫になってしまう可能性があります。またそれぞれの看板をよく見てもらえなくなる可能性があるので、本当に必要性の高い看板に絞って設置してください。必要最低限の枚数に絞ったほうが、むしろアピール力は上がります。夜間に工事をするのであれば、クルマのライトに反射するタイプが好ましいです。工事看板を選ぶときは状況に合わせたものを使用してください。例えば右折した場所で工事をするのであれば、右折禁止の看板を設置しましょう。ただし工事看板に法的権限はないので、どうしても右折せざるを得ない人に対しては別途対応する必要があります。例えば右折した場所に住宅がある住民に対しては、話を聞いたうえで対応してください。工事看板はあくまでも注意を促すのが目的であり、相手の行動を制限することはできません。風が極めて強い状況においては、工事看板を設置できないときがあるでしょう。そうした状況で設置すると看板が飛ばされて、人やクルマに当たってしまう可能性があります。台風や暴風などで安全に工事ができないときは、なるべく現場を中止にするのが基本です。ただし24時間体制の現場においては、安全により一掃配慮するなどの対策をしたうえで進めてください。大切なのは何よりも安全であり、これは歩行者やクルマだけでなく工事スタッフにも言えることです。
[関連情報:工事看板